作家名を決めました

私は書道を去年の3月から習っている。
はじめは字がうまくなったらいいなくらいの気持ちでいた。
空間を自らコントロールする作業、構成を考えてレイアウトを練り何度も書き直す、
考えて考えてそして一瞬で作品になる。
だんだん書の面白さを知るにつれ、お遊び感覚ではなくなってきた。
書で取り入れた考え方や、体の動かし方が自分の絵にも関わってきている気がする。

先生が銀座ミレージャギャラリーでの展示会に足を運んでくれた。
それまで作品はWEBやポートフォリオなどでご覧いただいていたが、
初めて原画を見ていただいた。

数日後、ご感想とともに作家名について名字は平仮名のまま、
名前は漢字にしてみてはとのご提案をいただく。
お稽古の時によく名前の「真実」という漢字が、中心に線が一本あるような、
座りのいい形の名前だねと言っていただき、自分でも気に入っていた。

「なかの真実」

文字にしてみるとビジュアル的にも面白く、覚えてもらいやすいように感じる。
だんだんいいかも!
と思いが強くなり、この度作家名を「なかの真実」とすることにした。

ある方がこう言ってくれた。
「なかのひとの「真実」がチラ見えする物語のあるその作品が好き」と。
名は体を表すように、つくり物の中に真実を閉じ込めたい。
改めてよろしくお願いいたします。