著作権について


仕事で請け負った絵を扱った商品がリリースされたら、展覧会で原画の展示販売をしてよいか、毎回版元に確認している。ふと他のイラストレーターの方々も、毎回そのように確認しているのか気になった。そもそも確認すべきことなのか、わざわざ聞かなくてもいいことなのか…?とも思ったり。

以前、著作権についてJPALの先生にお話を伺った時に、「著作権とは生まれたばかりの赤ん坊にも誕生した瞬間から『人権』があるように、作品が生まれた時点で著作者に著作権が生じる」と聞いて、今更ながら、そ・そうなんだ…となった。改めて言われるとそんな風に意識してなかったなぁ。

話は戻って展示販売について。出版物における挿絵では、リリースした後に公開したり、展覧会などで原画を展示したり販売するのは基本的にOKの模様。でもお仕事は信頼関係で成り立っているから、勝手にやるより事前確認・事前報告した方がいいよね、とアドバイスをいただいた。確かに。勝手に展示して人づてに後から知られるより、こちらから報告した方が気持ちはいいよね。

出版物以外だとイレギュラーも多いのでは?と思う。
過去に新商品開発発表の説明パネルのイラストを請け負った時には、このイラストをWEB上で公開してよいか確認したところ、商品の特許申請中なのだが類似商品が発覚し、申請が通らない可能性が出てきたので、公開はまだ控えて欲しいと回答をいただいた。その後私からも連絡してないので、申請が下りたのかどうかは分からないまま…。
それとロゴ入りのイラスト(今発売中のTシャツとか)は、原画展示はOKだけど、原画販売はNGだったり。

これがまたアニメやゲームなどのイラストになると、イラストレーターが原作者でない場合、原画販売はNGなケースが多いのでは…と勝手に思っているんだけど、実際どうなんだろう。以前、ソーシャルゲームのキャラクターイラストを描いている方からは、自分が描いたことを公表することもNGな場合があると伺った。絵の種類によって、契約は様々なのかなぁ。

こんな感じで日々何気ないことから疑問が生じるワケなんだけど、イラストレーターや写真家や物書きなどが集まって、著作権について自身の経験からディスカッションする場があればいいなぁと考えている。自分の経験から得たことを語ることは、嫌がる人もいるかもしれないけれど(その人が苦労して得た「財産」みたなものでもあるから、積極的に話してくれる人は少ないのではないかと思う)、情報共有の場があることは悪いことじゃないと思うんだけど、どーですかね?そもそも私は仕事経験が少ないので、語れることがほとんどないけど…苦笑。