2016年4月/なかの真実個展「棕櫚と、なかの真実」開催



いつもお世話になっている東京都御嶽山のマルカフェで、
個展「棕櫚と、なかの真実」開催させていただくことになりました。

マルカフェからの告知

出展作品は、マルカフェ文藝部から発行している総合文芸誌「棕櫚 Shuro」と、
企画短編集「スポラディックE層」「おすし」「えんにち」などの表紙絵原画です。

マルカフェではいつも小さな原画や絵本を展示していただいていますが、
個展は2014年4月にマルカフェで開催した絵本「ジャンプ!」原画展以来です。

マルカフェ文藝部に入部して、「物語に絵をつけること」の楽しさを知りました。
マルカフェに出会わなければ「挿絵を描きたい」と、思わなかったかもしれません。
今回出展する作品は、マルカフェがあったから生まれた作品ばかりです。
そう考えると私が描いた絵は、私個人の意志によって作られたのではなく、
自分以外の「人」と「場所」によって、作ることを許されたから、存在できているんだなぁと思うわけです。
回りくどい言い方をしましたが、つまり何を言いたいのかというと、
マルカフェがあるおかげで日々楽しいし、好きなことができているし、
今とてもハッピーで感謝している!ということです。
なので皆さんも、マルカフェに来るとハッピーになると思います。特に胃袋が。

美味しいご飯やおやつや珈琲を召し上がりながら、ゆるりと「棕櫚 Shuro」をお楽しみください。
在廊日については事前にご連絡いただけたら、なるべく居るようにします。
(15日(金)はクロッキー会 Disegnoに参加するため行けません。)


【展覧会概要】
なかの真実個展 「棕櫚と、なかの真実」

・会期 2016年4月1日(金)ー 4月24日(日)/金・土・日のみ(月〜木はお休み)
・時間 11:00-17:00/ラストオーダー16:30
・会場 MaluCafe(マルカフェ)
    東京都大田区北嶺町37-2
    東急池上線「御嶽山」駅から徒歩2分
・HP www.malucafe.com

※おひとりさま1オーダーをお願いいたします。
※ちいさなカフェにつき、複数名でご来場の際は必ずご予約ください。
※会期中、イベント、貸切営業を行うことがございます。マルカフェHP内の営業カレンダーをご確認ください。