劇団昴の公演「ヴェニスの商人」を観た


宮本充さんのお芝居を観たくて行ったものの、シェイクスピアを理解できるのか…初めてだしなんだか難しそうだ、なんて思ってたけど、とんでもない。とっても面白かった!泣きそうになった次の瞬間には笑ってたり、ヒヤヒヤしたりしんみりしたり、いろんな感情が揺さぶられた。

シャイロックに感情移入してたから、「ユダヤ人には目がないというのか?」のくだりや、裁判の最後に跪く場面では同情した。ユダヤ人差別が露骨で、裁判は理不尽だし(シャイロックの要求もマズイけど)絶対に相容れない宗教対立みたいな描写が悲しい。ジェシカは父親が受けた罰をどう思ったんだろう。シャイロック役の山口嘉三さんの演技が素晴らしくて、食い入るように見つめてしまった。あの迫力と雰囲気と表情と声を生で見られてよかった!

アントーニオー役の宮本充さんの声には、自然と集中してしまうというか、聴かされるかというか、すごく引き込まれる。バサーニオーに対してどこまでも真摯で誠実なのに、シャイロックには犬畜生と唾を吐く、その二面性が恐ろしい。無宗教だからその感覚は分からないが、異教徒とはそんなにも悪なのか。宮本さん好きだけれど、アントーニオーはあまり好きになれなかった…。

ポーシャが賢くて強くて情熱的で可愛くて面白い。すごいぞポーシャ。いい女だ。ポーシャ役の望月真理子さんの声の響きが凄かった。「座れ!」と言った時、めちゃビビった。

「喜劇は悲劇」とはこういうことなのかな。アントーニオーを主役と捉えるなら喜劇、シャイロックを主人公と捉えるなら悲劇、だなぁと感じた。
(正確には「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。」らしいけど。)

劇場のPit昴は舞台と客席がすごく近くて、役者さんの表情をマジマジと見ることができるのがいい。一番後ろの真ん中に座ってたけど、それでも近い。シャイロックがこちらの方を見ながら語りかけてる時、その目を見て悲しみが伝わってきた。いや〜面白かった!また観に行きたい。

次回公演の「グリークス」も観に行きたいな〜!すばる倶楽部に入会してしまおうかしら。

劇団昴公式ページ http://www.theatercompany-subaru.com/