ニューヨーク旅行記 前準備

2016年7月12日(火)〜8月10日(水)に開催した「JPAL紀伊國屋展2016 in ニューヨーク」の展示設営スタッフとして、ニューヨークに8泊滞在した。今回の企画展は6期に分かれており、それぞれの期の前後に設営スタッフが入れ替わり立ち替わり会場に赴き、作品を入れ替えるという、やることは日本の展覧会と変わらない。ただ国が違うというだけで…。

海外旅行は20歳の時にフランスに行ったきりで、ほぼ初めてのようなもの。英語も全くできない。でも「スタッフとして行く?」とJPALの先生に質問された時には、即座に「はい!」と答えていた。その時はあまり考えなしに言っていたのもあるけど…。そんな訳で普段はあまり海外に興味のない私がニューヨークに行くことに。

費用をなるべく安くするために全部自分で予約したかったけれど、なにぶん初めてのことばかりなので航空券だけHISでとり(HISの方はとても親切!)、ホテルは自分で予約し、ESTA登録も自分で申請した。次回からは航空券も自分で取ればもっと効率よくできるかな。

心配性なので、ホテルの住所を暗記したり、ホテル周辺の地理を頭に叩き込んだり、クレジットカードを紛失した時の対処方法を調べたり…、観光については正直、あまり調べなかった。とりあえず「自然史博物館」には絶対行きたかったから、そこさえ行ければ…くらい。

◯持って行って便利だったもの
・イモトのWiFi
・ウェットティッシュ(飲食店で手拭きはでてこない。トイレで手洗えよと言われればそれまでだが)
・スリッパ(飛行機内とホテル内で使う)
・小さい物干しハンガー
・洗濯洗剤

◯持っていけばよかったもの
・ティーパックのお茶(日系スーパーに売っているけど、日本より高い)
・エコボトル(水出しのティーパックでお茶を作り持ち歩きたかった。とにかく茶が飲みたかった。水も悪くないが)

◯持って行かなくてもよかったもの
・タオル(ちゃんとしたホテルに泊まったので、毎回綺麗なバスタオルが用意されていた)
・下着、靴下、ハンカチは少しの枚数でいい(持って行き過ぎたが、洗ってすぐ乾くから3枚くらいでいい)

渡米の数日前に「イモトのWiFi」というサービスを教えてもらい、直前に申し込んだ。なんとauでは海外利用できないんだと!(2016年8月からサービス開始したらしいが)ソフトバンクとドコモは数年前から利用できるサービスがあるというのに…。仕方がないから無料WiFiを駆使するかーと思っていたけれど、それも不便そうだと思っていたので利用した。別途タコ足コンセントもレンタルしたから、10日間で2万円ちょいかかったけど、グーグルマップや地下鉄の乗り換え検索で使う頻度が高かったので、借りてよかった!とても重宝した。が、海外SIMは5千円で買えるよ、とニューヨーク在住の友人に教えてもらった。次回は海外SIMを買おう…。

そんな訳で、初めてのニューヨークに胸ときめく…感じではなく、とにかく不便なことが起こらないように、観光客気分で浮かれすぎて事故が起こらないように…と、慎重に臨んだ。
前準備だけでこんなに長文で、いざ旅行記になったら、どんだけ超長文になるんだ…。

つづく