喫茶茶会記クロッキー会に初参加





 

四谷三丁目の喫茶茶会記クロッキー会に初参加。マルカフェ美術部のドローイング講座で、KazuTabuさんに教えてもらった「かたちの取り方」を踏まえて取り組む。じっくり形を追ったので描くのが遅くなったが、そのぶん見えない部分もよく「視た」と思う。

私の絵じゃ全然伝わらんが、昨日描いた人、今までヌードクロッキーしてきた中で一番美しいモデルだった。役者かダンサーは過去にも描いたことあったけど、纏うオーラが全然違う。カラダも出るとこ出て、引っ込むところは引っ込んでる。昔の邦画に登場するような清楚だがカゲがあり、色気のある女性だった。movingではまるでコンテンポラリーダンスを観ている感覚で。気付いたら魅入ってしまい、手が止まってた笑。

仕事や創作とクロッキーを描く時とでは、全然違う意識で描いているけど、そのうち無意識のうちにもリンクするようになったら、創作で描く絵ももっとうまくなると思う。そうなるためには、ひたすら描いて、体に覚えこませるしかない。

喫茶茶会記 http://gekkasha.modalbeats.com/
毎月第三木曜日 19時開始
固定ポーズ3分×7回、5分×6回、10分×4回、moving 25分