神保町ブックハウスカフェさんにて、絵本の展示


7月から神保町駅A1出口から徒歩1分にあるこどもの本専門店&カフェ、ブックハウスカフェさんで「ながい動物の絵本」と、人類進化の仕掛け絵本「歩」の二作品を展示させていただいてます。お立ち寄りの際には、ぜひお手に取ってご覧ください。


【神保町ブックハウスカフェ】
住所 東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F
営業時間 平日 11:00~23:00
     土日祝 11:00~19:00
     ※不定休
https://www.bookhousecafe.jp
都営三田線・新宿線・東京メトロ半蔵門線「神保町」駅より徒歩1分
神保町駅A1出口を出て右側にございます。


人類進化のしかけ絵本「歩」は、大学の卒業制作として作りました。進化の系譜はヒトだけに着目して語ることは不可能ですが、1年の制作期間で出来ることとして、まず人類のみに焦点を当て研究し、編集、作画、デザイン、製本まで全て手作業で行いました。太古の海の細胞から、宗教観が芽生える人類誕生までを描いています。

  

2007年制作なので、今見ると絵は下手で、字は小さすぎるし、レイアウトもおかしいところや、他にも色々ありますが、ブックハウスカフェさんには、未熟だが情熱のこもった作品ですね、と気にかけていただき、店内で展示させていただくことになりました。たくさんの方に読んでいただけたら嬉しいです。




「ながい動物の絵本」は、大学2年次に制作した自作絵本をプロトタイプ版とし、2013年に造本デザイナー・中村麻由美さんに造本デザイン、製本していただきました。ハードカバー版とソフトカバー版の2種ありますが、展示品はハードカバー版となります。(ソフトカバー版は現在、池上パンタレイ・クラフト&アーツさんで開催中の原画展「よく観る・たくさん見る・なんども視る」にて販売中です)手のぬくもりを感じながらも、繊細で精度の高いクオリティで一冊一冊、全て中村さんの手によって製本されています。

どちらの絵本も漢字ばかりでフリガナもないので、文章に関してはこどもは読めないかもしれませんが、絵を読むには年齢は関係ないと思っているので、こどもも大人もお読みいただけたら幸いです。