王羲之展

最終日。 
写真展の搬入前に先生の書いた蘭亭序の元ネタを観に行って来た。 
小さい紙に書いているのに、勢いと繊細さを感じる。 
と言いつつ、正直すごすぎてよく分からんかったけど…。 

人に宛てた手紙が「作品」となり、こうして17世紀を経て現代に残されるなんて、 
ヘタなこと書けないね…とバカなことを考えてしまう。 
というか昔の人は手紙をもらったら、 
「あ、こいつの字、めっちゃいいやん。コレクションしよ」って思うんだね。 
大事に取っておいた誰かの手紙を無くしてしまい、 
悔しがってるのを更に手紙で書いていたw 

王羲之は12歳まで引っ込み思案だったけど、 
儀式か何かで偉い人が王羲之に牛肉を食べさせたら、自信がついたらしい。 
皆の前で牛肉を食べさせてもらうということは、 
偉い人が王羲之を認めたぞという意思表示で 
それ以降みんなの王羲之を見る目が変わったそうな。 
その自信が王羲之の作品にも大きく影響した。 

一人で力を付けて行くのではなく、先輩がこうして導いてくれたんだなぁと。 
何かキッカケを作ってやろうとする、温かくも厳しいはからいに 
ジーンとしましたよ、あたしゃ。 

楷書の成り立ちも興味深い。 
3世紀~5世紀くらいまでは隷書体っぽさが続いているけど、 
6、7世紀で一気に楷書体が出来上がったらしい。 
というか、3世紀に書かれた漢字が現代人にも普通に読める形に 
既に成り立っていることがもう頭クラクラする。 
多少変化はしていても、それでも千年もこれだけの人間たちが操れている記号、 
文字とは本当に素晴らしい発明品だよね。 
(漢字だけでなくアルファベットも)

コメント