自由律俳句まとめ 8月/『百縛百句』001〜015

鎖骨に金くさり揺れ夜がきた

会いに行く足10cm浮いている

影の中あるく影

よそんちの子の胸膨らんで沈んで日暮れる

夏猫遠ざける

昼の熱残す布団に伸びている

お囃子が右から左に抜けて秋

君とガイドブック見に行くだけの旅でいい

マシンガントーク耐えるイカ反る

見ているを見られて逸らす花

浮気の理由待って隣席ドリンクバー六杯目

駆けのぼるミニスカートに目線走る

捨てたい今日は燃えない日

食い込んだ肉が好きだった今は美しい君

帰りの電線の向こう光る団子

夏の終わりが待ち伏せていた駅舎

昨日より涼しい風に髪の汗乾く

バカ笑いに波打つ地面の鏡

飲み疲れた足音早くなる改札前

細かい雨に傘閉じて涼しいひと

金曜の永い夜まだ笑ってる

三枚のチケット鞄の中で萎れて過ぎる

二の腕に触れてしまって目逸らした

猫がミーンと鳴いた夜道

死ぬ音は唐揚げと羽ばたきだった

◆◆◆


自由律俳句「しばり」マラソン
『百縛百句』にも細々と参加しています。


毛先の雫の行方を追っている (001 「雨」しばり)

寝息と揺れるカーテン見ていた (002 「日曜日」しばり)

転校してどろけい知った鍵っ子の日焼け (003 「鍵」しばり)

朗読する母の声遠ざかりわたしは空飛ぶ兎になる(004 「読書」しばり)

わたしだけを見ていた眼をわたしは看ている(005 「忠犬」しばり)

新しい通学路にでっかいおはよう(006 「引っ越し」しばり)

公園から火薬におって子どもたちはいない(007 「花火」しばり)

切り方が分からず夜が永い(008 「電話」しばり)

一本のペン握れず鳥は鳴き始める(009 「文房具」しばり)

探り合うふたり今日はまだ2回目(010 「写真で一句」)

いただきますを言えない大人になってしまった(011 「祈り」しばり)

捨てるならはじめからいらない部屋は広い(012 「エコ」しばり)

猫のいない朝掛け布団は軽くて(013 「朝」しばり)

効かない錠剤にらんだ(014 「薬」しばり)

広い空のみち歩いてあるはずのない故郷おもいだす(015 「畦道」しばり)