自由律俳句まとめ 9月

窓閉じて君が脈脈と聞こえる

雫の道筋ゆびで追う

俯く足の雲晴れた

一年前のプレイリスト再生してしまった潮風のふたり

温泉浸かってしぶきすら可笑しいあたしら

あんたが笑うから笑っちゃうんだよミカン酒注ぐ

鍋に温泉に酒に口数減ってく女共

一言で散ってく五人

こんな日の真珠しらけてる

開け放して夜が入ってきた

明るい夜の雲はやくて秋

瞼が落ちない夜は永い

ひっそり鳴く蝉の木の葉が落ちる

シャッターボタンが終わりと知る指迷っている

空腹の網戸に鰯泳いできた

新月夜も鳴かない