自由律俳句まとめ 10月〜11月

雷に蝉止む

起きればダンゴムシの体だ曇天
雨音がなだめている夜明け
待っていた手海の冷たさ
風吹き声ちぢむ夕闇
一曲ずつ14歳辿る
酒薄くコートの中が寒い
呆れても夕暮れ
踏み出す弾けるヘッドライト
26時横断歩道で歌いたい
ビタミン剤飲み忘れたので今日は上の空です
もみじの切っ先あおを刺す
黒濃く晴れた夜
老猫だった時のにおいに顔浸す
◆◆◆無季定型◆◆◆
何もかも止まった深夜の歩道橋
焦燥を電子レンジにかけ深夜
音は無く私を笑う猫の口
銀いろの毛並み光らせ月と笑む
体重計冬の始まり指している