くじらの絵に短歌を詠んでいただきました


自由律俳句、そして短歌を詠んでいる
天坂寝覚さん(Twitter @sin_kaku)に、
くじらの絵に短歌を詠んでいただきました。

「緩慢な死のような暮らしだ(くじらのはらの中で溶けてゆきたい) 」

今後、このくじらの絵を展示会にて発表する際には、
キャプションにこちらの短歌を掲載させていただきます。

物語が、世界が倍以上広がるうたを詠んでいただき、
誠にありがとうございます!