マルカフェ文藝部/「棕櫚shuro」第三号 発売中


文芸誌「棕櫚shuro」第三号が発売となりました。東京御嶽山マルカフェで店頭&ネット販売中です。
一冊700円です。
※今年から季刊誌から年刊誌と変更になりました。

今回も表紙絵を描かせていただいております。
表紙絵の題材となった「イシカリ」(石川友助著)は、
5月の文学フリマで頒布した「おすし」収録作品「サーモン」(中川マルカ著)のスピンオフ作品です。
「イシカリ」を読めば、表紙絵のイミが分かります!気になった方はぜひ、本編をご高覧ください。
「おすし」の紙本は販売を終了し、現在はAmazonにて電子書籍として販売中です。
詳細→ http://ameblo.jp/malucafe/entry-11876663338.html
また、担当いたしました「おすし」表紙絵を、イラスト部門で棕櫚三号にも掲載しております。

↑マルカフェ店内の展示スペース

↑中川マルカさん作・昭和の中吊り広告風のチラシ

「棕櫚shuro」第三号 コンテンツ紹介
<小説> 
「イシカリ」 石川友助
「私立探偵富頭冴シリーズ第一弾『私立探偵富頭冴、登場』」 カフェラテ
「消失」 猿楽徹
「Boy Lights Fire」 鈴木清涜
「満月の夜に、船は出ない」 中川マルカ
「相与田郷ノート(2)『岸辺 香織』」 なかぎりせいじ
「リコレクション C a n e N e r o」 も り せ い ち る

<コラム>
「マルカフェ文藝部」 中川マルカ

<書評> 
「犬神図書館の本棚から―障がい者と健常者の関係、『「シンゴのフリーズ」を読んで。』」 鈴木清涜

<グラフィック&イラスト>
●キリハリエ 
「長月」「神無月」「霜月」「師走」 Emi
●グラフィック 
「魚町サンロード商店街」 オカザキトモノリ
●漫画 
「Camino a la Rinconada/リンコナーダへの道」 津川智宏
●歌詞 
「ハイライト」 ナマハゲ
●イラスト  
「おすし」「コップの中のイシカリ(表紙)」 なかの真実
「20140407」 hunton
「霞ヶ浦」 カフェラテ

著者:石川友助/Emi/オカザキトモノリ/カフェラテ/猿楽徹/鈴木清涜/津川智宏/
中川マルカ/なかぎりせいじ/なかの真実/ナマハゲ/hunton/も り せ い ち る
98頁/A5判/定価700円
編集:中川マルカ
装丁:なかの真実


マルカフェ文藝部とは
御嶽神社裏マルカフェを活動拠点とし、見る、読む、聞く、語る、を、共にたのしむ大人の集い。
Twitter:malucafe_bungei
マルカフェブログ:http://ameblo.jp/malucafe/
E-mail:malu@malucafe.com

コメント