杉本一文先生の個展を見た


2月18日(木)
スパンアートギャラリーで開催中の杉本一文さんの個展を見た。ギャラリーに入った瞬間、杉本先生が「あ、どこかで会ったのは覚えてる」と仰っていて、「去年紀伊國屋展で…」と話したら思い出してくれた笑。去年の紀伊國屋展で出展した際に、杉本先生と受付当番が一緒だったので、そこで現在の創作活動や、過去の制作についていろいろお話を伺っていた。私の顔より絵の方を覚えていてくれたのが、何気に嬉しい。

【紀伊國屋展2015 終了しました その1】
http://njet2.blogspot.jp/2015/06/20151.html

去年お話を伺った蔵書票の現物を初めて拝見。意外と蔵書票って大きいんだなとか、依頼主の名前の入り方がユニークだったり、男性趣味のものだからエロティックな表現が多いとか、初めて知ることも多くとても楽しかった!

蔵書票は全てエッチングなので、通常の絵と違い安価。なので「こ、これは…私でも買える!」となり、作品購入。『創と壊』というタイトルをゲット!グッズは今までいろんな展覧会で購入したことはあれど、作品購入は初めてなので少し緊張。展覧会が終了したら取りに行く。もしくは終了間際に取りに行くかな。

杉本先生は横溝正史作品の表紙を飾るなど、その作品を知る人は多く、イラストレーターとしての実力・知名度はトップクラスで、ものすごいお方なのだけど、その表現に満足することなく、新たにエッチングという技法を使って、作家として新しい分野に挑戦している、という生き様が本当にカッコいい。画材を変えてまた一から新しいことをはじめることは、とても勇気がいると思うし、、頂点を極めた人なら尚更ハードルが高いような気がするんだけど、それをやってのけて、しかも新しい表現でも活躍して、新しいファンがたくさんいる、ということがスゴイ。これこそがプロの画家なのだな。モノクローム作品が大好きなので、杉本先生の繊細なエッチング作品が好きなんだけど、作家としても尊敬している。

オーナーさんが接写しなければ会場撮影OKしていただいたので撮影。記念撮影もしていただいた!


◆◆◆

2月23日(火)
購入した作品を受け取りに行った。この日も杉本先生にいろいろお話を伺う。エッチング制作で使われるインクや紙のこと、海外で開催した蔵書票の展示会のことなど、今日もたくさんお話を聞かせていただいた。

またまた記念撮影。杉本先生とマルカフェのマルカさんと!最近写真をたくさん撮ってもらっている笑。なんか今月下旬は楽しいことがたくさんあるなぁ。



そして購入した「創と壊」を受け取った!なんてカッコよくて美しいのだ…。
以前いただいた水野行雄先生のペン画のパネルと、杉本一文先生の「創と壊」を一緒に作業机の壁に飾りました笑。インスピレーションをいただくのだッ!



杉本一文 個展
Ichibun Sugimoto Exhibition - Giclee & Exlibris -

会期:2016年2月13日(土)~2月23日(火)
   11:00~19:00(最終日 17:00まで)
会場:銀座画廊 span art gallery
   東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル一階