個展「棕櫚と、なかの真実」はじまりました



個展「棕櫚と、なかの真実」第1週目を終えました。お越しいただきました皆様、ありがとうございました。

初日の1日と、3日の「なかのちゃんとおしゃべりしよう」(http://ameblo.jp/malucafe/entry-12143411821.html)の日に在廊してましたが、いろいろなご感想やお話を伺うことができて、楽しい時間を過ごしました。

尊敬するイラストレーターの水野行雄先生から「今までと次元が違う」と、新作の絵にお言葉をいただけたのがとても嬉しかったです。褒められ過ぎな気もするけれど、マルカフェ文藝部やマルカフェ美術部、クロッキー会Disegnoで取り組んでいることの成果が表れているのかな、少しずつでも成長できているのかなと実感できました。





新作3点セット/10万円 売約済

星恵美子先生からは、「連載で描き続けることで、絵が洗練されていく。続けることが何より大事。」とマルカフェ文藝部での活動を評価していただいて、絵描きとして「文芸誌の表紙絵を描く」という最高の場を与えてくれているマルカフェ文藝部に改めて感謝し、次号はもっと頑張るぞ!と強く思いました。

「棕櫚 Shuro」創刊号と、「おすし企画」の表紙絵

マルカフェの常連さんからも「マルカフェの空間に合っている」とご感想をいただき、マルカフェで活動しているマルカフェ文藝部の発行誌「棕櫚」の表紙絵が、マルカフェに合っててよかった!と安心ました笑。


イラストレーターの方や、文藝部や美術部の方、久々に会う友人たち、初めてお会いする方ともお話できて、とても楽しい第1週目でした。ありがとうございました。


 マルカフェのシェフ兼マルカフェ文藝部編集長・中川マルカさんと

かわいい花束は星先生からいただきました!

個展「棕櫚と、なかの真実」は4月24日(日)まで。今後の在廊予定日は8、9、17、24日です。増えたり減ったりするかもしれませんが、TwitterやFacebookなどに随時更新いたします。春のお散歩休憩に、マルカフェでひとやすみするのはいかがでしょうか。お店で私を見かけたら、ぜひお気軽にお声掛けください笑。

マルカフェさんのブログに、素敵な文章とお写真とともに個展の様子が綴られています。
http://ameblo.jp/malucafe/entry-12146357614.html


【展覧会概要】
なかの真実個展 「棕櫚と、なかの真実」

・会期 2016年4月1日(金)ー 4月24日(日)/金・土・日のみ(月〜木はお休み)
・時間 11:00-17:00/ラストオーダー16:30
・会場 MaluCafe(マルカフェ)
    東京都大田区北嶺町37-2
    東急池上線「御嶽山」駅から徒歩2分
・HP www.malucafe.com

※おひとりさま1オーダーをお願いいたします。
※ちいさなカフェにつき、複数名でご来場の際は必ずご予約ください。
※会期中、イベント、貸切営業を行うことがございます。マルカフェHP内の営業カレンダーをご確認ください。