マルカフェ美術部 第十八回開催

月に一回開催される、アートを実践し楽しむマルカフェ美術部。第十八回を6月18日(日)に開催。テーマは第一回目にも企画した「マルカフェで食べられるものを描いてみよう」です。今回はししゃもを燻製前、燻製後、食べている途中、と段階に分けて描写しました。




完成!加熱前、加熱直後、加熱後の時間経過後、食べている途中…と、あっという間に形を変えていくししゃも。加熱直後はふっくら体が膨らんでいるけど、時間が経つ毎に体が萎んでシワシワになっていった。いつも食べているマルカフェのししゃもの燻製を、初めてマジマジと観察!空腹との戦いであった…。



今回画材は自由として、鉛筆、コピック、水彩、筆ペンなど、各々が使いたいもので描きました。私は最近購入したミルキーペン(今はエンジェリックカラーというそうですな)と、黒いスケッチブックを使用しました。みなさんレイアウトが個性的で面白い!



マルカフェご飯はスペアリブ!肉最高!コーンスープは芸術の域。なめらか!ケーキもアッサリしてるのにしっかり甘くて濃厚なバナナの味がして美味しかったー!!


マルカフェブログのレポートでも当日の様子が詳しく紹介されています!